FC2ブログ

記事一覧

迫真!高専推薦入試の裏技with学力入試

この記事はKosen Advent Callender16日目の記事です。日付変わりそう。



こんにちは、aileです。

前回、頑張って書くとかいいながら、当日に書いている人は私です。。。
なんで当日に書いているのでしょうね……こういうところが留年に繋がる気がします。

さて、今日は、どの高専でもあと一ヶ月ほどに迫った、高専推薦入試の裏技について伝授していきます。私自身、推薦入試で合格してしまったので、推薦入試についてがメインになります。
けれども、過去10年分の学力入試問題も解いているので、問題のよりよい解き方(私にとっての)も書いていきます。


高専推薦入試とは
高専推薦入試は、要するに、学力と内申書だけを見る入試です。面接なんて正直どっちでもいいです。人並にできてれば落とされることはまずないです。面接より、数学と理科を中心にやりましょう。

……とはいえやはり面接は気になりますよね。私も、推薦入試1週間前から、毎日のように入退室の練習をしていました。学校によっては、校長先生が直々に面接の練習をしてくれるところもあるそうですね。ええ、私の母校ですが。

私の高専は、普通の面接、英検のような英語面接、そして、数学と理科の筆記試験がありました。小論文や作文はなかったので、作文の情報聞きたかった人はごめんね。

一般的な面接で気をつける点
いわゆる『諮問面接』では、入室から、退室まで、すべての点が注目されます。その中でも一番気をつけることは、
服装です。

服装が完璧なら、入試倍率が2倍だろうが3倍だろうが受かります。服装を気にする余裕がある人は、入退室もだいたい完璧です。受け答えも平常心でできます。服装に気が回るくらい、受け答えの練習をしてください。

入退室は、そこらの面接合格本でも読んでてください。私は高校入試合格を決める面接を使ってました。この本は、図解で、すごくわかりやすくおすすめです。今からでも十分間に合います。

肝心の面接ですが、緊張でほとんど覚えてません。すみません。
ただ、ひとつ言えることとしては、志望理由など、ほぼ必ず訊かれることに関しては事前にどんなことを話すか決めておいてください。
「面接なんて何訊かれるかわからないし、やる必要なくね?」と思う方もいるかもしれません。

本番は頭が真っ白になります

自分が何を話したかなんてわかりません。つい失言をしてしまうかもしれません。その可能性をできるだけ取り除くためにも、練習しましょう。

また、受け答えの時にも、少し気をつけるといい点があります。それは、嘘をできるだけつかないということです。

「いままでに、電子工作などをしたことがありますか?」といった質問に、私は「はい、小型ロボットなどの制御プログラムを書いたことがあります」と答えました。もちろん、真っ赤な嘘です。最後の方で、「プログラムはどんな環境で書いたの?」と尋ねられました。

やったこともないのにわかるわけないだろ!!

って話ですよ。仕方なく、触ったことのあるJavaと答えましたが、その時は本当に焦りました。落とされるかと思ったのですけどね。。。

英語面接について
うちの高専の英語面接は、英検の二次試験とほぼ同じ形式なので割愛します。すごく簡単です。これで落とされる人は流石にいないかと。


数学、理科筆記試験について
私の年は、数学が非常に簡単で、理科が難しかったです。言ってみれば、数学が公立高校入試問題で、理科が私立高校の入試問題って感じです。
私の場合、数学は高専学力入試の過去問を解いて慣れました。高専入試過去問の数学、面白い問題多いので13年分は解いたほうがいいかと。自己採点では全問あっていました。
理科は、学校から配られた新研究とか、整理と対策のB問題と、入試頻出問題を何度もときました。それだけで十分かと思ってると、私みたいに間違えますよ……
マジでなんですか水圧の問題とかまともにやってなかったのが悪いとはいえ流石に(ry

高専入試過去問の効率の良い解き方
入試過去問を解く上で大切なのは、問題の傾向をつかむことです。「この問題の類題は毎年出てる」とか、「理科のこの分野は隔年で出ているな」とかを掴んで臨むのが学力入試です。

闇雲に問題を解くのは推薦入試までです。推薦入試は何が出るかわかりませんからね……

私自身、数学と理科は13年分買って、その年に出題された分野を一覧にまとめて、規則性がないかを調べました。すると、面白いように規則性が見つかってきますよ。特に理科。これを抑えるだけで10点は変わってきます。

国語対策としては、特にないですけど、長文を読んでも飽きたり、集中力が切れたりしないことに注意していきましょう。おすすめとしては、過去問を買ったり、高校生向けの現代文を読むことですね。長い文ほど見落としがちになるので、気をつけて。

社会は何もしなくていいです。授業ちゃんと聞いてれば90は取れます。その勉強時間を理数系に回さないと入学してから死ぬよ。

英語は、長文読解のちからを身につけるために、1日1つ長文を読みましょう。長すぎて飽きるから、飽きないためにも読む力をつけよう。

まとめ
・高専の推薦入試自体は怖くない
・余裕を持って受けられるようにする
高専はやめたほうがいい


ここまで読んでくださりありがとうございました。

またいつか記事書くので、機会があれば読んでください。
では






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント